学部概要

HOME > 学部概要 > ポリシー

特長・重点

経営学部(経営学科)では、次のようなポリシーに従って教育および学習支援がなされています。方針は、アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)から構成されています。

アドミッション・ポリシー

1.
高等学校段階までの学習内容を十分理解し、正しい倫理観と豊かな人間性を備え、自然・人間・社会とこれらの調和的発展のための創造的・知的活動に対して高い学習意欲を持った人を求める。
2.
チャレンジ精神を持ち、将来広く国内外で活躍しようとする意欲のある人を求める。国際的ビジネスリーダーの資質である英語でのコミュニケーション能力・人間力の獲得にも高い関心を持つ人を歓迎する。
3.
入学試験では基礎的科目の知識を重視するが、これまで習得した科目や個々の背景の垣根を越え、自然及び社会現象に広いあるいは深い関心を持っていることや個性にも配慮する。

カリキュラム・ポリシー

1.
本学の建学の精神を踏まえつつ、組織体の構造と機能を貫く規則性を科学という新しい視点から経営学の理論・技法を研究し教育するとともに、自ら経営の諸問題を発見・解析し、その解決方法を選択できる有為な人材を育成するための教育課程を編成する。
2.
真に実力を身に付けた学生のみを卒業させる「実力主義」の伝統を堅持し、厳格な教育課程を実践する。
3.
段階的な知識の修得を支援するため、「専門領域科目」として各専門分野の基盤をなす「基礎科目」と専門家としての能力を養うための「専門科目」を、「専門領域科目」として大学生としての一般的素養を深めるための「一般科目」を体系的に配置する。
4.
「基礎科目」では、1年次より「専門基礎科目」「基幹基礎科目」「関連専門基礎科目」の授業科目を効果的に配置し、演習等も行うことで基礎学力を強化し「専門科目」との接続を図る。
5.
「一般科目」では、豊かな教養と正しい倫理観を養うために幅広い学習機会の提供に努め、「人間科学分野」「英語」「情報分野の科目をおく。
6.
「専門科目」では、2年次からゼミナールを履修し、必修科目の他に「経営学」「会計学」「経営科学」「経営情報」及び「政策」という5分野の選択必修科目・選択科目を自ら選択しながら組み合わせることで自身の専門分野を深化させ、その結実として卒業研究を置きプレゼンテーション能力の育成を図る。.

ディプロマ・ポリシー

1.
経営学科では、グローバル化や地球環境問題など広範かつ多様なビジネス環境で発生している諸々の問題に対して自然科学及び社会科学の知識を活用して解明するという基本的方針の下で理論的かつ実践的な教育を行う。
2.
経営学及び全般の知識を修得すると共に、「経営学」、「会計学」、「経営情報」、「経営科学」、「政策」の分野毎に設定された専門科目群を包括的に学び所定の単位を修得させる。
3.
必要な単位を取得し、キャリア教育によって社会人としての意識、コミュニケーション力及び合理的判断を備え、社会に貢献できる学生に対して卒業を認定し、学士(経営学)の学位を授与する。

このサイトのトップに戻る